特殊清掃と一般清掃の違い

SITE MENU

特殊清掃の入門書

特殊清掃の入門書

特殊清掃は一般清掃と大きく違います。凄惨な現場に入り、今まで見たことがないようなところを清掃しなければなりません。

特殊清掃と一般清掃の違い

一般的な清掃業務というと、ショッピングセンターやマンションなどの清掃で、お客さまや住人が快適に過ごせるように美しくする業務です。

もう一つの清掃業務として、特殊清掃があります。

特殊清掃は、最近問題になっている孤独死や変死、また事件や事故現場の後の清掃をすることです。

もちろん遺体を見ることがあります。

遺体を運び出した後でも、血液や体液が染みついた部屋に入らなくてはいけません。

本来なら亡くなった人の身内が部屋を片付けたりするものですが、汚れや臭いがきつく、また身内を亡くしたショックでなかなかできるものではありません。

そういう時に特殊清掃業者に依頼するのです。

人が亡くなった後の部屋の臭いや汚れは普通の清掃では取れません。

それ専用の消臭剤や除菌剤で処理しないときれいにはならないそうです。

ですから一般清掃では元通りにするのは難しいのです。

特殊清掃の入門書 Copyright www.truthinlendingforensicaudits.com.All Rights Reserved.